はじめに

Android版Discordクライアントの改造版「Aliucord」の便利なプラグインをたくさんまとめたので紹介します。

Aliucordについて、インストール方法、使い方などはこちらで詳しく紹介しています。

プラグイン

BetterCodeBlocks

PC版Discordで利用できるシンタックスハイライトのように、コードブロック内のプログラムが色付けされます。

BetterCodeBlocks

BetterMarkdown

Markdown記法による文字の装飾を、送信前でもメッセージ入力欄で確認できるようになります。

BetterMarkdown

Counters

左側のバー上部に、参加しているサーバー数とオンラインのフレンドの人数を表示します。

Counters

CustomNicknameFormat

サーバーでニックネームが設定されている際に、元の名前を表示させることができます。

CustomNicknameFormat

CustomTimestamps

投稿日時の表記を自由に変更することができます。通常では表示されない年月や秒を表示することも可能です。

CustomTimestamps

CustomStatusPresets

カスタムステータスをプリセットとして保存し、簡単に変更・更新できるようになります。

CustomStatusPresets

DMCategories

ダイレクトメッセージをカテゴリ分けすることができます。

DMCategories

FavoriteMessages

メッセージをお気に入りとして登録することができます。

FavoriteMessages

HighlightReplies

返信を入力する際に、返信先のメッセージをハイライトします。ハイライトの背景色は設定で変更できます。

HighlightReplies

HomeIconSwitcher

左上にあるDMタブのアイコンを好きな画像に置き換えることができます。

HomeIconSwitcher

LayoutController

ボタンや検索欄などの使用頻度の低いものを非表示にすることができます。以下は非表示にできるものの例です。

メッセージ入力欄の左のNitroギフトボタン
ダイレクトメッセージ一覧の検索欄

LayoutController

NoAutoReplyMention

返信を入力する際に、メンションをデフォルトでオフにします。

NoAutoReplyMention

OpenProfileInReactions

リアクション一覧からユーザーのプロフィールを開くことができるようになります。

OpenProfileInReactions

PluginRepo

プラグインの検索やインストールが非常に簡単になります。

PluginRepo

Quoter

メッセージの引用が簡単にできるようになります。メッセージを長押しすると出てくるメニューから行えます。

Quoter

ReactionNotifier

絵文字のリアクションがされた際に通知が出るようになります。ただし、アプリ内の通知のため、アプリを開いていないと通知は受け取れません。

ReactionNotifier

ShowAllTwitterImages

複数枚の画像を含むツイートを共有すると、デフォルトでは画像は1枚しか表示されませんが、このプラグインによって全ての画像が表示されるようになります。

ShowAllTwitterImages

ShowHiddenChannels

役職等の制限によって閲覧できないチャンネルを表示します。ただし、メッセージ等は表示できません。

ShowHiddenChannels

SplitMessages

デフォルトのメッセージの文字上限数である2000文字を越えた際、自動で複数のメッセージに分割して送信します。

デフォルトの場合、上のような警告が出ます。

SplitMessages

TapTap

メッセージをダブルタップした際に、そのメッセージへ簡単に返信できるようになります。また、自分のメッセージの場合は内容の編集がおこなえます。

TapTap

TextFilePreview

txt形式やmd形式のテキストファイルをダウンロードせずに閲覧することができます。スクロール時に動作が若干不安定になるため注意が必要です。

TextFilePreview

TextReact

アルファベットの絵文字を用いて、特定の文字列をリアクションとして自動で送信することができます。

TextReact

Translate

他言語のメッセージを翻訳することができるようになります。メッセージを長押しすると出てくるメニューから操作を行えます。現在、翻訳が行われない、行われても1文のみといったバグが発生しているため、注意が必要です。

Translate

ViewProfileImages

プロフィール画像やバナー画像を普通の画像と同じように拡大、ダウンロード等が行えるようになります。

ViewProfileImages

おわりに

自分に合ったプラグインを適用して便利に使うと良いと思います。

この記事の作成には@xFlestが協力してくれました。というか書いてくれました。フォローしてあげましょう。

ついでに@MateBookerM3もフォローすると良いことがあります。

以上です、おわり。