Featured image of post 【TwiFucker】Twitter for Androidの広告を消し去るXposedモジュール

【TwiFucker】Twitter for Androidの広告を消し去るXposedモジュール

おしらせ

筆者的には、現在は、ダウングレードが可能なこちらの方法がおすすめです。

【非root】Twitterアプリの広告をAndroid端末単体で消す【TwiFucker & LSPatch Manager】

はじめに

皆様はTwitterをやっていますか?

例によってTwitter廃人の道を歩み、日々タイムラインのクロールに勤しむ筆者にとって、広告というのは非常に邪魔です。

今回は、そんなTwitter for Androidの広告を抹消することができるXposedモジュールを見つけたのでご紹介します。

TwiFucker

TwiFuckerは、Twitter for Androidから広告を抹消し、トラッキングを消すことができるXposedモジュールです。

導入手順

前提条件

  • Magiskでroot化済
  • LSPosedがインストール済
  • Twitter for Androidがインストール済

ダウンロード・インストール

TwiFuckerはLSPosedのリポジトリにあるので、LSPosedマネージャーから簡単にダウンロードできます。

LSPosedマネージャーの左下のリポジトリから、TwiFuckerを検索しダウンロード、インストールします。

LSPosedの「モジュール」ページからTwiFuckerを開き、Twitterにチェックを入れてモジュールを有効化のトグルをオンにし再起動します。

設定

再起動後Twitterを起動します。いままでの手順を正しくできていれば、Twitter起動時(ログイン時)にTwiFuckerの設定画面が表示されるはずです。

表示されない場合は、Twitterの「設定とプライバシー」→「その他のリソース」と進み、バージョンが書かれているところをタップすると、以下のようなTwiFuckerの設定が開きます。

必要な項目のトグルをオンにしたら、「SAVE AND RESTART」をタップします。

Twitterアプリが再起動後、これから読み込むツイートからは広告が削除されます。

TwiFuckerインストール前に読み込んで表示したタイムラインには広告が残っているかもしれませんが、一度ログアウトやTwitterアプリのデータを消すなどして再ログインすると消えると思います。

余談

以前も同じようなXposedモジュールで「Twitter Ad Eater」というものがあったのですが、そいつはスクロールがカクついたり、スクロール中に同じ部分でループしたり不安定な感じがありました。

TwiFuckerも初期は同じような感じで不安定だったのですが、久々に試してみるとかなり安定していて不具合も見受けられなかったので、今回紹介しました。

これは完全に憶測ですが、Ad Eaterは画面上から広告を物理的に消しているのに対し、TwiFuckerは広告を読み込まないようにしているような感じがします。なんとなくです。違うかも。しらん。

MarinDeck

Android端末で広告のないTwitterを利用したい場合、MarinDeckも便利です。

MarinDeckは、PC用のTwitterクライアントであるTweetDeckをスマホで使いやすいように魔改造したアプリです。

広告が表示されないだけでなく、TweetDeckの便利な機能がそのままスマホでも使えます。

rootも不要で、GMSの無い一部のHUAWEI端末でも問題なく使えます。

おわりに

斯くして、Twitter廃人まてかすのタイムラインからは広告が抹消され、世界に平和と安寧が齎されたのであった。

以上です、おわり。

Built with Hugo
テーマ StackJimmy によって設計されています。